【マル秘】初対面の男性が東大慶應医学部などの高学歴だったらポイント高いですか?

【マル秘】初対面の男性が東大慶應医学部などの高学歴だったらポイント高いですか?

初対面の男性が東大慶應医学部などの高学歴だったらポイント高いですか?

初対面の男性が東大慶應医学部などの高学歴だったらポイント高いですか?

アンサー

{理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより}
1、東大、医学部医学科、慶應
2、京大、東工大
3、地方帝大、早稲田
4、横神筑千茶、府立市立、上理
5、電農名繊、金岡(千)広、マーカンなど
6、地方国立大等、4工大(私立)等
7、底辺地方国立大、中堅私立大理系
8、私立大学等、Fランクなど
社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。
(1.日本国エリート)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科
(2.日本国エリート)京都、一橋、東京工業、早稲田政経
(23)早稲田(政経以外)
(27)大阪
(3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智
(4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院
(5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館
(6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊、芝浦工業
(7)東京学芸・熊本・奈良女子・京都府立・岐阜・三重・信州・群馬・鹿児島・徳島・静岡県立・山梨・小樽商科・東京女子・日本女子・明治学院・東京都市
(8)和歌山・大阪教育・兵庫県立・愛媛・宇都宮・長崎・富山・香川・東京海洋・日本
(9)奈良県立・神戸市外国語・埼玉県立・宮崎・高知・佐賀・山形・岩手・山口・高崎経済・愛知県立・秋田・弘前・福島・福井・大分・鳥取・茨城・島根・駒沢・南山・甲南・工学院・近畿
(10)北九州市立・武蔵・國學院・獨協・東洋・専修・西南学院・京都産業・東北学院
(11)前橋工・高知工科・琉球・室蘭工・龍谷・関西外語・東海 ・国士舘・東京経済
(12)文教・二松学舎・立正・神奈川・千葉工業・愛知工業・愛知淑徳・松山・福岡・創価・帝京・京都外語
・2017年12月安倍首相は地方の若者減少を課題とし、地方大学の活性化に取り組むことを宣言。首都圏私立大の定員数を抑制、またスピーチで世界から注目されており、サイエンス都市化している山形県鶴岡市(慶應生命研究所を中心に企業・研究所拠点が設立される)を引合いに出し、地方活性化を主張した。同研究所はNASA・理研・がんセンター・欧米大との提携のほか、生命調査技術、生物・化学素材、ゲノム分野などで次々と世界的な成果を公表し、商用企業も設立している。
・新潟大理系教授の嘆き、北大研究者数百人分の削減、東北大雇止め問題、阪大でも複数不正流用事件など、交付金・収入に関する問題が発生。国立大主要収入源の交付金の削減は深刻化してきたが、寄付金の増大による基金拡充を各大学は模索し始めた。日本の大学の弱さは寄付金・基金が少なく、教授(論文引用)・国際性が弱くなることにあり、世界ランキングにも表れる。2017年で大学基金は慶應650億、早稲田300億、東大100億程度に対し、欧米名門は数兆円に達し(ハーバード4兆円)、莫大な運用益を拡充・研究にあてる。基金が運用収入のもととなるが、基金トップ慶應でも学生数に見合う教授・留学生を確保できるに至らず、未だ旧帝大より比率が低くなるほどである。
(2018年)
・東京大学生産技術研究所は国際共同研究を行い、日米欧の電力網で観測された周波数変動を解析。変動は想定されていた「正規分布」よりも大きな変化が生じ得る非正規分布特性を有することを明らかにした。
・産業技術総研や東北大学は逆電気特性を示す次世代相変化メモリの新材料を開発した。
・慶應大、京大、国立遺伝学研究所などのグループは細胞分裂の際にMg2+濃度が一過的に上昇することを示すとともに、負の電気を帯びているDNA同士の反発を弱め、染色体の凝縮を促進していることを明らかにした。
・慶大と理研・放射光科学総合研究センターのチームは集光XFELパルスの空間コヒーレンスを正しく評価することに成功して、従来の問題を解決し、英科学誌に掲載された。
・東大情報システム工学研究室が、腕立や腹筋運動をしながら“汗”をかくヒト型ロボット「ケンゴロウ」を開発した。人間の骨格・筋肉を再現したことで柔軟に動くこのロボットは、様々な可能性を秘めている。
・東工大研究グループは卵白たんぱく質から「卵白たんぱく質凝縮体ゲル」を作製することに成功した。
・2018年最先端科学における3つの挑戦は『①はやぶさ2の到着 ②iPS細胞による脊髄損傷治療 ③海中ロボ開発』。東大卒エンジニア2名、慶應卒の神経科学者が中心となりそれぞれの最先端に挑む。
・東大(高宮・川原)・慶大(筧)の教授らが空間を飛び回るLED光源「ルシオラ」(≒人工ホタル)を開発した。空中移動する電子発行体は世界初となる 。
(2015年)
・理化学研究所と東京大学の研究チームは物質を押すだけで微小な磁気の渦(スキルミオン)を生成・消去できる新手法を世界で初めて発見
・東工大研究グループはレーザー光とイッテルビウム原子から成る人工結晶を作製
・東大教授らは微細加工技術を用いて作製された人工原子中の量子液体における電流ゆらぎを世界最高水準の測定技術により精密に測定することによって、非平衡状態にある量子液体の挙動を明らかにした。
・慶應生命先端研内企業メタジェンが森下仁丹とビフィズス菌の腸内環境などに関して共同研究開始
・京大研究グループは植物の姿勢を決定するブレーキシステムの仕組み:繊維細胞に関して明らかにした。
・東北大 金属材料研究所・准教授の内田氏(慶大理工修士)が絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見。同氏は2008年慶應大学 理工卒業研究で、温度差でスピン流を起動する「スピンゼーベック効果」も発見し、論文は「Nature」に掲載された。若きノーベル賞候補。
・慶大理工は金属内包シリコンナノクラスターの酸素反応や熱的安定性の評価に成功。
・東大は超伝導磁石による擬似的微小重力環境を利用して、高品質なタンパク質結晶をつくりだす実験システムを開発
・大阪大学太陽エネルギー化学研究センターの教授らは、温和な条件でアミドの還元反応を進行させる触媒の開発に世界で初めて成功した
・慶大理工チームは産業廃棄物である廃シリコン粉末を主原料にカーボンナノファイバーを添加し、多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて成功、リチウム電池製造の可能性も垣間見える。
(2014年)
・京大教授らはリチウムイオン電池の急速充電、高電圧作動を可能にする新規な電解液を開発。
・東大と慶大の研究チームは1兆分の1秒レベルの連写撮影ができる世界最高速のカメラを開発した。従来高速カメラの千倍以上の性能。
・慶大理工講師らはスピン流(磁気の流れ)増大原理を世界で初めて解明した。
・東京大学・慶應義塾大学・東京海洋大学の3大学が「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携プログラム」を開始。
・阪大研究グループは、フッ素樹脂に対して、熱アシストプラズマ処理をすることで、低コストで高接着性が得られることを明らかにした
・ユーグレナ、東証一部へ。東大ベンチャー、出雲氏(東大農卒)が設立、ミドリムシを食用販売。特に機能性食品や化粧品としての有効利用に期待が注がれ、宇宙などの閉鎖系環境に対応しうる。
・慶大理工チームはテラヘルツ電磁波のベクトル時間波形計測装置を開発した。
・東大教授らは地球から26億光年離れたペルセウス銀河団にある電波銀河「IC310」の中心の超巨大ブラックホールで発生した、超高エネルギーガンマ線の爆発現象を観測(稲妻)
・東大院生(慶大理工卒・酒井氏)と慶大教授は宇宙竜巻の駆動原理を解明した。
・東大研究チームはmicroRNAが標的遺伝子からのタンパク質合成を阻害する分子機構を、ショウジョウバエにおいて解き明かすことに成功
・慶大院メディアデザイン研究科の稲見教授が「再帰性反射材」を使用して、開発中の『透明自動車』ビデオを発表。透明技術が進められている。
(2013年)
・数千億もの特殊ペプチドの群を試験管の中に作り出す技術、その中から薬の候補になる物質を正確に抽出する技術を確立(進化分子工学の応用)、東大発ベンチャー、東証一部へ。
・慶大理工チームは有機超薄膜に金属ナノクラスターの電極を形成する技術を開発
・東大教授らはプラズマ処理をしたPC板を用いてプラヌラの着底実験によりクラゲの大量発生を抑制できることを発見した。
・慶應理工研究者らは星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の速度計測に成功し、「速度超過違反」ガスも発見した。
(2012)
・東大教授らは2次元空間に閉じ込めたヘリウム3の単原子層膜が、絶対零度まで10分の1度以下から千分の2度に至る超低温で、自然界で最も低密度の液体に自己凝縮することを発見した。
・日本は阪神淡路大震災、東北大震災を経験し、東大地震研究所がリーダーシップをとって研究を進めている。
・東大大学院と慶應理工の研究チームはⅠa型超新星爆発が起きた時には伴星がヘリウムの白色矮星に進化し暗くなっている場合が多いことを発見した。
・慶應理工チームは太陽系から約3万光年の天の川銀河に「ぶたのしっぽ分子雲」があることを発見
・東大・京大・慶大のチームはisotactic poly高分子について、その融けた状態に圧力を加えると、1ナノmの構造に劇的な変化が起こることを発見
・慶應生命・院生及びNASAは「メタゲノム解析 」を用いて温泉から27種の多様かつ新規性の高い微生物を発見。その中には生命誕生の謎を解く手掛かりとなるARMANも含まれ、米国科学誌に掲載。
{理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより}
1、東大、医学部医学科、慶應
◆まあ一橋よりは高いでしょうね
例えば3メガバンクだと東大慶応は企画担当の幹部候補生、一橋は営業担当のソルジャー採用と採用段階から明確に区別されております
一橋は所詮旧商
ソルジャー養成校にすぎません
東大慶応と一橋はキャリアとノンキャリアの差なんですよ
参考資料
三菱UFJ頭取 慶応経済
三菱UFJ信託社長 慶応経済
三菱モルガン証券社長 東大法
みずほフィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長リテール・事業法人カンパニー長 中央法卒
副社長グループCIO兼グループCOO 東大卒
副社長大企業・金融・公共法人カンパニー長 東大卒
副社長グローバルコーポレートカンパニー長 東大卒
専務グローバルマーケッツカンパニー長 東大卒
専務アセットマネジメントカンパニー長 慶応経済卒
専務リサーチ&コンサルティングユニット長 慶応法卒
常務グループCA 東大卒
常務グループCCO 慶応経済卒
常務グループCHRO 明治商卒
常務グローバルプロダクツユニット長 東大卒
常務グループCFO 阪大卒
常務グループCRO 東大卒
みずほ銀行頭取 早稲田商卒
みずほ信託社長 慶応経済卒
みずほ証券社長 慶応経済卒
三井住友フィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長グループCRO 慶応経済卒
副社長ホールセール事業部門長 慶応法卒
副社長グループCFO兼グループCSO兼グループCDIO 京大卒
副社長国際事業部門長 東大卒
副社長ホールセール事業部門副事業部門長 慶応商卒
三井住友銀行頭取 京大卒
SMBC日興証券社長 早稲田商卒
◆まあ一橋よりは高いでしょうね
例えば3メガバンクだと東大慶応は企画担当の幹部候補生、一橋は営業担当のソルジャー採用と採用段階から明確に区別されております
一橋は所詮旧商
ソルジャー養成校にすぎません
東大慶応と一橋はキャリアとノンキャリアの差なんですよ
参考資料
三菱UFJ頭取 慶応経済
三菱UFJ信託社長 慶応経済
三菱モルガン証券社長 東大法
みずほフィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長リテール・事業法人カンパニー長 中央法卒
副社長グループCIO兼グループCOO 東大卒
副社長大企業・金融・公共法人カンパニー長 東大卒
副社長グローバルコーポレートカンパニー長 東大卒
専務グローバルマーケッツカンパニー長 東大卒
専務アセットマネジメントカンパニー長 慶応経済卒
専務リサーチ&コンサルティングユニット長 慶応法卒
常務グループCA 東大卒
常務グループCCO 慶応経済卒
常務グループCHRO 明治商卒
常務グローバルプロダクツユニット長 東大卒
常務グループCFO 阪大卒
常務グループCRO 東大卒
みずほ銀行頭取 早稲田商卒
みずほ信託社長 慶応経済卒
みずほ証券社長 慶応経済卒
三井住友フィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長グループCRO 慶応経済卒
副社長ホールセール事業部門長 慶応法卒
副社長グループCFO兼グループCSO兼グループCDIO 京大卒
副社長国際事業部門長 東大卒
副社長ホールセール事業部門副事業部門長 慶応商卒
三井住友銀行頭取 京大卒
SMBC日興証券社長 早稲田商卒
◆特に何も思いません。
逆に癖のある疲れる人が多いので面倒に感じるかもしれません。
◆高い


質問タグ:東大卒,常務グループ,慶応経済卒,慶応法卒,一橋,東大慶應医学部,医学部医学科

【ブログ】昔、消ゴム噛む奴いましたか? 歯形の付いた鉛筆 使ってる奴はいまし…

昔、消ゴム噛む奴いましたか? 歯形の付いた鉛筆 使ってる奴はいまし…

昔、消ゴム噛む奴いましたか? 歯形の付いた鉛筆 使ってる奴はいましたか?
デッカイ分度器(木製)とか三角定規(これも木製)で 叩かれている奴はいましたか?

分度器,三角定規,木製,消ゴム噛む奴,歯形,ヘックション,消しゴムアンサー

短くなった鉛筆にキャップを付けて使っていました。
キャップを噛みまくって、キャップが抜けなくなった出来の悪い友達がいました。
その友達の友達も同じで、その友達が私でした。
フルーツの匂いのする消しゴムがあったので噛んでみたら、えづき倒した記憶があります。
木製の分度器や三角定規でしばき倒されるのは、日常茶飯事だと記憶致しております。
添付のお写真の様な綺麗な歯をした生徒はあまり居なかった様に思います。
◆【キャップを噛みまくって、キャップが抜けなくなった出来の悪い友達がいました。】
↑↑↑ 笑いました♪
◆黒板用の分度器や三角定規ありましたね
太ももを、ピシッと叩かれる生徒いましたよ。
懐かしいですね(^_^)
今なら、暴力教師ですねー。
粘土みたいな物を好きな型にして、鍋で煮ると、消ゴムになるのもありました。
筆箱内の全部の鉛筆をかじっている子もいました。癖なのかしら、、。
◆木製?!
物差しじゃ無くて…。
◆消しゴムは噛まないけど、鉛筆は普通でしたね。
黒板用の定規??、クラスで1~2名だけでしょう。
私?、その少数に含まれました。
痛えんだぞ、あれ・・・・
◆男子達は
ノック式ボールペンで
スーパーカー消しゴム飛ばしを
していました。
◆(**´ >ω<)゙;`;:゙;ヘックション (**´ >ω<)゙;`;:゙;ヘックション (**´ >ω<)゙;`;:゙;ヘックション 外は寒いです。


質問タグ:分度器,三角定規,木製,消ゴム噛む奴,歯形,ヘックション,消しゴム

【効果あり】僻みであること承知の上で質問させていただきますが、早稲田大学・慶…

僻みであること承知の上で質問させていただきますが、早稲田大学・慶…

僻みであること承知の上で質問させていただきますが、早稲田大学・慶應義塾大学に在学中若しくは同校を卒業している芸能人・声優でも、早稲田の場合は社会科学部・人間科学部、慶應の場合はSFC(総合政策学部・環境 情報学部)と判明した場合、若干「あっ…(察し)」となってしまう傾向があるように思いませんか?

アンサー

SFCもほとんどは実力だが、一部、幅広採用(他才能重視)が見受けられる
慶應に旧二部はない。
早稲田もゆうても上智よりいいから、人気はある。
ただ欧米とかはリーダーシップとか重視だが
{理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより}
1、東大、医学部医学科、慶應
2、京大、東工大
3、地方帝大、早稲田
4、横神筑千茶、府立市立、上理
5、電農名繊、金岡(千)広、マーカンなど
6、地方国立大等、4工大(私立)等
7、底辺地方国立大、中堅私立大理系
8、私立大学等、Fランクなど
社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。
(1.日本国エリート)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科
(2.日本国エリート)京都、一橋、東京工業、早稲田政経
(23)早稲田(政経以外)
(27)大阪
(3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智
(4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院
(5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館
(6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊、芝浦工業
(7)東京学芸・熊本・奈良女子・京都府立・岐阜・三重・信州・群馬・鹿児島・徳島・静岡県立・山梨・小樽商科・東京女子・日本女子・明治学院・東京都市
(8)和歌山・大阪教育・兵庫県立・愛媛・宇都宮・長崎・富山・香川・東京海洋・日本
(9)奈良県立・神戸市外国語・埼玉県立・宮崎・高知・佐賀・山形・岩手・山口・高崎経済・愛知県立・秋田・弘前・福島・福井・大分・鳥取・茨城・島根・駒沢・南山・甲南・工学院・近畿
(10)北九州市立・武蔵・國學院・獨協・東洋・専修・西南学院・京都産業・東北学院
(11)前橋工・高知工科・琉球・室蘭工・龍谷・関西外語・東海 ・国士舘・東京経済
(12)文教・二松学舎・立正・神奈川・千葉工業・愛知工業・愛知淑徳・松山・福岡・創価・帝京・京都外語
・2017年12月安倍首相は地方の若者減少を課題とし、地方大学の活性化に取り組むことを宣言。首都圏私立大の定員数を抑制、またスピーチで世界から注目されており、サイエンス都市化している山形県鶴岡市(慶應生命研究所を中心に企業・研究所拠点が設立される)を引合いに出し、地方活性化を主張した。同研究所はNASA・理研・がんセンター・欧米大との提携のほか、生命調査技術、生物・化学素材、ゲノム分野などで次々と世界的な成果を公表し、商用企業も設立している。
・新潟大理系教授の嘆き、北大研究者数百人分の削減、東北大雇止め問題、阪大でも複数不正流用事件など、交付金・収入に関する問題が発生。国立大主要収入源の交付金の削減は深刻化してきたが、寄付金の増大による基金拡充を各大学は模索し始めた。日本の大学の弱さは寄付金・基金が少なく、教授(論文引用)・国際性が弱くなることにあり、世界ランキングにも表れる。2017年で大学基金は慶應650億、早稲田300億、東大100億程度に対し、欧米名門は数兆円に達し(ハーバード4兆円)、莫大な運用益を拡充・研究にあてる。基金が運用収入のもととなるが、基金トップ慶應でも学生数に見合う教授・留学生を確保できるに至らず、未だ旧帝大より比率が低くなるほどである。
(2018年)
・東京大学生産技術研究所は国際共同研究を行い、日米欧の電力網で観測された周波数変動を解析。変動は想定されていた「正規分布」よりも大きな変化が生じ得る非正規分布特性を有することを明らかにした。
・産業技術総研や東北大学は逆電気特性を示す次世代相変化メモリの新材料を開発した。
・慶應大、京大、国立遺伝学研究所などのグループは細胞分裂の際にMg2+濃度が一過的に上昇することを示すとともに、負の電気を帯びているDNA同士の反発を弱め、染色体の凝縮を促進していることを明らかにした。
・慶大と理研・放射光科学総合研究センターのチームは集光XFELパルスの空間コヒーレンスを正しく評価することに成功して、従来の問題を解決し、英科学誌に掲載された。
・東大情報システム工学研究室が、腕立や腹筋運動をしながら“汗”をかくヒト型ロボット「ケンゴロウ」を開発した。人間の骨格・筋肉を再現したことで柔軟に動くこのロボットは、様々な可能性を秘めている。
・東工大研究グループは卵白たんぱく質から「卵白たんぱく質凝縮体ゲル」を作製することに成功した。
・2018年最先端科学における3つの挑戦は『①はやぶさ2の到着 ②iPS細胞による脊髄損傷治療 ③海中ロボ開発』。東大卒エンジニア2名、慶應卒の神経科学者が中心となりそれぞれの最先端に挑む。
・東大(高宮・川原)・慶大(筧)の教授らが空間を飛び回るLED光源「ルシオラ」(≒人工ホタル)を開発した。空中移動する電子発行体は世界初となる 。
(2015年)
・理化学研究所と東京大学の研究チームは物質を押すだけで微小な磁気の渦(スキルミオン)を生成・消去できる新手法を世界で初めて発見
・東工大研究グループはレーザー光とイッテルビウム原子から成る人工結晶を作製
・東大教授らは微細加工技術を用いて作製された人工原子中の量子液体における電流ゆらぎを世界最高水準の測定技術により精密に測定することによって、非平衡状態にある量子液体の挙動を明らかにした。
・慶應生命先端研内企業メタジェンが森下仁丹とビフィズス菌の腸内環境などに関して共同研究開始
・京大研究グループは植物の姿勢を決定するブレーキシステムの仕組み:繊維細胞に関して明らかにした。
・東北大 金属材料研究所・准教授の内田氏(慶大理工修士)が絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見。同氏は2008年慶應大学 理工卒業研究で、温度差でスピン流を起動する「スピンゼーベック効果」も発見し、論文は「Nature」に掲載された。若きノーベル賞候補。
・慶大理工は金属内包シリコンナノクラスターの酸素反応や熱的安定性の評価に成功。
・東大は超伝導磁石による擬似的微小重力環境を利用して、高品質なタンパク質結晶をつくりだす実験システムを開発
・大阪大学太陽エネルギー化学研究センターの教授らは、温和な条件でアミドの還元反応を進行させる触媒の開発に世界で初めて成功した
・慶大理工チームは産業廃棄物である廃シリコン粉末を主原料にカーボンナノファイバーを添加し、多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて成功、リチウム電池製造の可能性も垣間見える。
(2014年)
・京大教授らはリチウムイオン電池の急速充電、高電圧作動を可能にする新規な電解液を開発。
・東大と慶大の研究チームは1兆分の1秒レベルの連写撮影ができる世界最高速のカメラを開発した。従来高速カメラの千倍以上の性能。
・慶大理工講師らはスピン流(磁気の流れ)増大原理を世界で初めて解明した。
・東京大学・慶應義塾大学・東京海洋大学の3大学が「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携プログラム」を開始。
・阪大研究グループは、フッ素樹脂に対して、熱アシストプラズマ処理をすることで、低コストで高接着性が得られることを明らかにした
・ユーグレナ、東証一部へ。東大ベンチャー、出雲氏(東大農卒)が設立、ミドリムシを食用販売。特に機能性食品や化粧品としての有効利用に期待が注がれ、宇宙などの閉鎖系環境に対応しうる。
・慶大理工チームはテラヘルツ電磁波のベクトル時間波形計測装置を開発した。
・東大教授らは地球から26億光年離れたペルセウス銀河団にある電波銀河「IC310」の中心の超巨大ブラックホールで発生した、超高エネルギーガンマ線の爆発現象を観測(稲妻)
・東大院生(慶大理工卒・酒井氏)と慶大教授は宇宙竜巻の駆動原理を解明した。
・東大研究チームはmicroRNAが標的遺伝子からのタンパク質合成を阻害する分子機構を、ショウジョウバエにおいて解き明かすことに成功
・慶大院メディアデザイン研究科の稲見教授が「再帰性反射材」を使用して、開発中の『透明自動車』ビデオを発表。透明技術が進められている。
(2013年)
・数千億もの特殊ペプチドの群を試験管の中に作り出す技術、その中から薬の候補になる物質を正確に抽出する技術を確立(進化分子工学の応用)、東大発ベンチャー、東証一部へ。
・慶大理工チームは有機超薄膜に金属ナノクラスターの電極を形成する技術を開発
・東大教授らはプラズマ処理をしたPC板を用いてプラヌラの着底実験によりクラゲの大量発生を抑制できることを発見した。
・慶應理工研究者らは星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の速度計測に成功し、「速度超過違反」ガスも発見した。
(2012)
・東大教授らは2次元空間に閉じ込めたヘリウム3の単原子層膜が、絶対零度まで10分の1度以下から千分の2度に至る超低温で、自然界で最も低密度の液体に自己凝縮することを発見した。
・日本は阪神淡路大震災、東北大震災を経験し、東大地震研究所がリーダーシップをとって研究を進めている。
・東大大学院と慶應理工の研究チームはⅠa型超新星爆発が起きた時には伴星がヘリウムの白色矮星に進化し暗くなっている場合が多いことを発見した。
・慶應理工チームは太陽系から約3万光年の天の川銀河に「ぶたのしっぽ分子雲」があることを発見
・東大・京大・慶大のチームはisotactic poly高分子について、その融けた状態に圧力を加えると、1ナノmの構造に劇的な変化が起こることを発見
・慶應生命・院生及びNASAは「メタゲノム解析 」を用いて温泉から27種の多様かつ新規性の高い微生物を発見。その中には生命誕生の謎を解く手掛かりとなるARMANも含まれ、米国科学誌に掲載。
◆大学の実情を知ってる人なら、当然ありますね。
芸能人より、一般入試の一般人ならなおさらです。
私は三田のOBですが、出身大学や学部の話になった時、早慶の政経、経済、法だと「お~、すごいねw。」という会話から始まりますが、SFCだと、「あ~、そうなんだ・・。」という反応になります笑。
SFCは、ほんとは三田に行きたかったけど、経法商に落ちて仕方なく・・・、というビリギャル的な人が少なからずいるので、正直最初は話しづらいですね。彼女は文落ちらしいけど。
「あっ…(察し)」より、「あ~・・、」という感じですね。
ただ、SFCの人はSFC、所沢の人は所沢と分かると、お互い「お~」という反応になるのだと思います。それはどの学校でも同じ。
また、早慶の学部やキャンパスの立地の違いなどが全く分からない人には、下の方が言われるように、早稲田、慶応ならどこでも同じ評価なのだと思います。
◆「早稲田の場合は社会科学部・人間科学部、慶應の場合はSFC(総合政策学部・環境情報学部)と判明した場合、若干「あっ…(察し)」となってしまう傾向」
そんなものはありません。
学部・学科の違いなど理解している人は、世間としてはごく一部です。殆どの人は、早稲田といえば早稲田、慶応といえば慶応で、それ以上のことは何も区別の対象になっていません。
そもそも大学受験で知っている人を除けば、「SFC」と言われても「なにそれ?」という人が9割だと思います。
◆一般入試なら全然思わないですね。
SFCは英語か数学ができる人若しくは論理的思考力のある人しか合格できないので。早稲田は三科目しっかり勉強してる方なので感じないですね。


質問タグ:慶應義塾大学,早稲田大学,SFC,同校,総合政策学部,早稲田,慶大理工チーム

コメント